ラブストーリー

「東京ラブストーリー」第2話 ネタバレ感想 | 1991年・冬ドラマ

東京ラブストーリー

前回、上京し、「ハートスポーツ」に入社した完治はリカと出会った。
完治には学生時代から片思いしている人がいる。さとみだ。
彼女と親友の三上でいつも三人でいた。
そして彼らは東京で久しぶりの再会を果たした。

リカは完治がさとみのことを好きなことに気づく。
恋のキューピットになろうと、優柔不断で恋に臆病な完治を後押ししていたのだが、さとみと三上がキスしているところを目撃する。
落ち込む完治を励ますうち、リカは思わず彼に言ってしまう。
「好き」

笑顔で去るリカに対し、動揺して立ち尽くす完治という場面で終わりました。
このまま二人は付き合うことになるのでしょうか。それとも完治はさとみを選ぶのか。
2話の感想と脚本を分析していきます。

「東京ラブストーリー」は、FODでご覧いただけます。



登場人物

赤名 リカ――鈴木保奈美
スポーツ用品メーカー「ハートスポーツ」の事業部の社員。
ロサンゼルス帰りの帰国子女。さっぱりとした性格、はっきりとした物言いで仕事もできる。
恋愛も積極的で、完治に突然告白をしたが、その上司の和賀部長との間に怪しい噂があり…

永尾 完治――織田裕二
「ハートスポーツ」の営業部の社員。
高校時代から同級生のさとみに片思いをし、東京で5年ぶりに再会を果たすのだが、さとみと三上がキスしている場面に遭遇する…

関口 さとみ――有森也実
幼稚園の先生。
完治の高校の同級生。東京で高校の同窓会があり5年ぶりに再会。
三上に片思いをしているがいつも気持ちがすれ違う。だが三上に突然キスをされ…

三上 健一――江口洋介
文教大学医学部生。
完治の高校の同級生。女癖が悪く、同じ研究生の尚子にちょっかいを出す一方、再会したさとみにキスをする…

長崎 尚子――千堂あきほ
文教大学医学部生で、資産家の娘。
真面目で優等生だが少し影がある。不真面目な三上を毛嫌いするが…

和賀 夏樹――西岡徳馬
「ハートスポーツ」の営業部の部長。
仕事ができ、頼れる完治とリカの上司。

渡辺 昇――中山秀征
「ハートスポーツ」の営業部の社員。
完治の同僚。噂好きで、リカと和賀の不倫を噂して広めている…

第2話あらすじ(ネタバレあり)

通勤途中、リカが木の枝にひっかけた靴を取ろうとしているのを見て、完治は黙って通り過ぎようとする。
だが呼び止められた。完治の脳裏に昨夜のキスが思い出される。
リカからの突然のキスはどんな意味があったのか?
「そんなの電話帳250冊分喋っても説明できないよ」とリカ。

完治が働くハートスポーツに三上が突然やってきた。
三上はさとみとキスしたことを言わず、完治もあえて言及を避ける。しかし二人は険悪ムード。
完治が去ったあと、リカが三上に近づく。
「カンチ、知ってるよ。昨日の夜のこと」
まさかキスを目撃されたとは知らず、三上は驚愕の表情をした……

その夜、リカが完治の家を突然訪れた。三上も一緒だった。
さとみとのキスについて話した。
「いつものことだろ?」と軽い三上に対し、完治は「いつもと違う」と怒った。
すると三上が真剣な顔になり、「俺、あいつが好きだ」
完治は一瞬言葉を失うが、それは三上の冗談だった。

怒り心頭の完治が部屋を出ていくと、
「あいつ、本気で関口のこと好きなんだな」と三上は苦笑い。
「あいつだけじゃないでしょ? 本気なんでしょ? 三上くんも」
リカはお見通しだった。

翌日、完治はさとみを誘い、リカからもらったアイスホッケーの試合を見に行く。
二人で学生時代の話で楽しく盛り上がっていたところ、
「カンチ!」とリカが現れた。
完治は「ハメたな」と呆気にとられる。

試合は盛り上がり、三人は大興奮。そのまま食事へ行くことに。
さとみが席を外すと、我慢の限界にきた完治がリカに抗議し、腹いせに和賀部長との不倫の噂に言及した。
否定するかと思いきや、リカはあっさりと認めた。
「好きんなっちゃったんだから、しょうがないじゃん」
「不倫じゃないかよ。好きだったら誰とでも寝るのかよ!」
リカは傷つき、完治にビールをぶちまけた。
「だったら教えてよ、人を好きにならないで済む方法」

リカが立ち去り、さとみと帰る道すがら、完治は急に「付き合ってくれ」と告白する。
さとみは困った顔をした。
「簡単じゃないもんな」
「簡単じゃないから、宿題にさせて」とさとみは言った。

翌日もリカは怒っていた。そんな中、完治とリカが手分けして仕事をすることになる。
リカは完治に意地悪をし、パソコンの電源を切ってしまう。
「いいなー、私の心の傷は死ぬまで消えない」と去った……

結局、完治は一人残業を強いられることになった。
二人に仕事をふった和賀部長が来て、事態を察した。
「あいつは一旦怒らせると、雷が鳴るまで機嫌悪いからな。普通は、背中に背負ったリュックに荷物が増えるたびに、その分何かを捨てて行く、生きてくってことはそーゆーもんだ。だが、あいつは捨てない」
そして和賀は、荷物を持たない完治とリカはお似合いだと言った。まるでリカを完治に押し付けるような言い草で……

翌朝、完治が出勤すると、残業しても終わらなかった書類ができていた。
完治はリカがいる倉庫へ行き、感謝。今夜食事をおごることを約束する。
ところが、さとみから告白の返事がしたいと電話があり、そちらを優先する完治。
リカには置き手紙をして先に帰った。

さとみは完治の告白にオーケーするつもりのようだ。
幼稚園の同僚が、「後悔しない?」とさとみに尋ねた。
「ま、二番目に好きな人と付き合うのが一番いいって言うしね」と同僚。

そして完治とさとみは会った。二人は会うと、高校のときの話ばかりする。
さとみの実家がラブホテル経営をしていたことから、彼女はずいぶんいじめられた。恥ずかしい落書きを机にいっぱい書かれた。
さとみはその落書きを消してくれたのが完治だとずっと思っていて感謝する。
「……それ、俺じゃないよ。三上だよ」と完治。
さとみはハッとなり、うつむいた。目に涙を浮かべる彼女に、完治は気づいた。

リカは完治の置き手紙を見落として約束した店に来ていた。
待てど暮らせど完治は現れない……
でもリカは来ると信じて待った。

完治とさとみに重い空気が流れていた。
そんな中、さとみが付き合うことにオーケーする。
だが完治は黙って店を出ていく。慌てて追いかけるさとみ。
「取り消すよ」と完治。
「どうして?」
「友達のままでいよ」
そう言って彼は雨の中を走り出した。

さとみがうつむきながらトボトボと帰ってくると、家の近くで三上が待っていた。
「(泣き笑いで)永尾くんにフラれちゃった」
驚く三上だった……

完治が一人バーでやけ酒を飲んでいると、渡辺たち同僚が入ってきた。
リカが約束の店に行ったことを知り、慌てて駆け出す。
降りしきる雨の中、店の前でリカが待っていた。
完治を見つけ、けなげに笑顔で迎えるリカに急いで駆け寄った。
「どっか店にでも入ろう」と完治が言うと、明るかったリカの様子が一変し、
「もうダメ、ここまで――電池切れちゃったみたい」
と、完治の胸に額を押し付けた。そして、
「こんなにそばにいるのにね。こんなに遠くに見える。何でかな? 一緒にいたいのに、何でかな?」
リカはそう言って完治から離れていった……

感想とシナリオ分析

リカの男を落とす戦略が本当に面白い!

さとみが好きな完治に「白旗をあげるつもりはない」と宣言しながら、それでいてアイスホッケーの試合をさとみと二人で行ってきなよと完治にチケットを渡す。
すると、リカは当たり前のようにスケート場に現れてデートの邪魔をする。

しかし試合が終わると、リカはこれ以上お邪魔したら悪いとしおらしく帰ろうとする。
ようやく二人きりになれると思った完治は「またね」というのだが、人のいいさとみが完治と食事に行くから来ないかと誘う。
リカは「けど……」と、うかがうように完治を見る。彼も人がいいので、「来れば」と言うしかない。
リカは、待ってました!と言わんばかりの様子で張り切って彼らの食事についていく。
まるでそこまで全て計算済みだったかのように。

リカの恋愛テクニックには脱帽する。
だが冷静に考えると、好きでもない女にこれをされるのは男にとってはホラーかもしれない。
だからそう思わせないよう、リカのキャラクターを天然で明るくしたのだろう。

連ドラでは、突き抜けたキャラクターが必要になる。
その副作用として、共感が得づらくなることが多い。
しかしリカは愛すべきキャラクターに仕上がっている。
彼女の魅力にどんどん引き込まれるが、女が一番嫌うさとみのあのぐじゅぐじゅした態度に、男たちは完治同様、放っておけない感情を抱く。

リカとさとみのバランスが絶妙だ。
どちらも重いのだが、二人を天秤にかけると釣り合ってしまう。

その彼女たちの間で揺れる完治に、観客を感情移入させる仕掛けがとてもうまい。
完治は最終的にどちらの女性を選ぶのか、3話ではどんな恋の進展が見られるのか、気になります。

素晴らしかったセリフ

完治がずっと好きなのを知っていながら、親友の三上はさとみとキスをした。
それが後ろめたい三上に対し、
「それって、いけないこと?」とリカ。
「え?」

「だって、三上くんがキスしたのは、カンチが好きなさとみちゃんじゃないでしょ? 三上くんが好きなさとみちゃんなんでしょ?」

これはリカ自身にもいえることだった。
「だって、わたしがキスしたのは、さとみちゃんが好きなカンチじゃない。わたしが好きなカンチだった」と。