サスペンス

「踊る大捜査線」第1話 ネタバレ感想 | 1997年・冬ドラマ

踊る大捜査線

シナリオで大切なのは、まずセントラルクエスチョンといわれる。
セントラルクエスチョンとは、いわゆる物語を推進させる『ひっぱり』のこと。
『はたして、主人公の刑事は犯人を捕まえられるだろうか?』
視聴者はこの解決を期待してドラマを見る。

昨今、警察ドラマが多いのは、このセントラルクエスチョンでお客さん(視聴者)を獲得できるから。
魅力的な主人公の警察官が、凶悪犯や謎に満ちた事件を解決することに満足感を得る。
だから失敗したくない企画として警察ドラマがいまだに多い。
とはいえ、すでに事件ネタも警察のキャラクターも飽和状態。
制作側もちょっと飽きているのではないか。

今の警察ドラマブームを作ったのは、この「踊る大捜査線」だったといっても過言じゃない。
革命的だったと思う。
なにが革命的だったかというと、警察組織に注目したからだ。
ある事件の捜査を指揮するのは管理官。それに従うのが刑事たち。
さらに刑事の中にも階級がある。捜査一課を筆頭に、その下に所轄刑事がいる。
主人公は、ピラミッド最下層の刑事だ。

このピラミッド型の階級社会の苦労を描き、ひたむきに事件を解決する主人公に、会社組織に一度でも属したことがある視聴者は共感を得た。
セントラルクエスチョンともう一つ大事なのは、この共感できる主人公だ。
ノンキャリアの青島刑事の目線で、現場を知らない官僚主義の問題、非合理な縦割り行政、警察の規則や慣習などを知り、キャリア警察官との対立の物語に感情移入する。
青島刑事は所轄刑事として、市民の安全を守るため、自分が信じた正義を貫き、命をはって、事件を解決する。
その姿は多くの視聴者の共感を呼んだ。

警察をしっかりとした職業ものとして描いた「踊る大捜査線」第1話の感想と脚本を分析していきます。

「踊る大捜査線」は、FODでご覧いただけます。



登場人物

青島俊作――織田裕二
湾岸署刑事課強行犯係、巡査部長。脱サラ刑事。
コンピュータ会社の営業マンから警察官へ転職。練馬署地域課勤務を経て、湾岸署刑事課に配属が決まる。憧れの刑事になったのだが現実は…

恩田すみれ――深津絵里
湾岸署刑事課盗犯係、巡査部長。
警視庁総務部婦人留置係から湾岸署盗犯係へ…

室井慎次――柳葉敏郎
警視庁刑事部捜査一課管理官、警視。
担当管理官として湾岸署にやってくる…

和久平八郎――いかりや長介
湾岸署刑事課強行犯係、巡査長。
八王子署刑事課勤務の際、同僚が目の前で殺害された過去がある。定年間近の老刑事…

真下正義――ユースケ・サンタマリア
湾岸署刑事課強行犯係、警部補。
東大卒のキャリア組。湾岸署に研修として配置。警部の昇進試験の勉強中…

柏木雪乃――水野美紀
一般市民。日本帰国直後、父親が殺害される…

神田――北村総一朗
湾岸署署長、警視正。

秋山――斉藤暁
湾岸署副署長、警視。

袴田健吾――小野武彦
湾岸署刑事課課長、警部。

魚住二郎――佐戸井けん太
湾岸署刑事課強行犯係係長代理、警部補。

中西――小林すすむ
湾岸署刑事課盗犯係係長、警部補。

第1話あらすじ(ネタバレあり)

取調室で、若い刑事が容疑者相手に自白を促す。その手法がどこか古臭い…
それは演習で、モニターで見ていた湾岸警察署の署長たちは呆れた。
「刑事ドラマの見過ぎだ!」
脱サラして憧れの刑事になりたいというその男は…
「青島俊作。都知事と同じ名前の青島です!」
こうしてお台場にできた湾岸警察署刑事課配属が決まった。

意気揚々と湾岸署に出勤する青島。
刑事課にはまだほとんど人がおらず、盗犯係の恩田すみれがおでんを盗んだ高校生を取り調べていた。
青島はすみれに強行犯係はどこにいるのかと尋ねるが、「ちょっと黙っててくんない?」と怒られる。
その時、けたたましいブザーが鳴った。
管内で、殺人事件が発生した。
だが、すみれは動かない。青島が何してるんですかと聞くと、
「死体は強行犯係。うちは盗犯係」
でも何かしたほうがいいと抗議すると、強行犯係なら現場へ行けと言われて青島は向かった。

ところがパトカーを使うのも警務課へ行って手続きがいると知る。
記入したが、今度は上長のハンコがいると言われ、なかなか出動が出来ない。
緊急だと訴えても規則だからと断られ、青島はあきらめて走って現場へ向かう。
ようやく着いた現場でも機動捜査隊から邪魔者扱いされる。
「空き地署さんよ。おれたちの仕事邪魔すんなら、方面本部長からそっちの署長に抗議させるぞ」

そのとき誰かに腕を引っ張られる。
強行犯係の先輩刑事、和久だった。
「新入りだな。事件の初動捜査はあいつら機捜の仕切りなんだ。おれたち所轄署の刑事は見てればいい」
「そうですか。お疲れさまです」
「疲れるほど働くな」という和久と共に見守った。
そこへ、捜査一課のエリート管理官・室井が臨場した。
「いよいよ本店のお出ましだ」
和久は現場を離れていく。署に戻るというのだ。

青島は和久に抗議した。
「ぼくたち、何もさせてもらえないんですか。だって、うちの管轄で起きた事件ですよ」
「何もできないんだよ、おれたち所轄署は」
和久はあと三月で定年する。だからそんななのかと怒る青島に、
「これからもっと判る。所轄の刑事の現実がな」と注意した。

刑事課に戻ると、刑事たちが出勤していた。
接待ゴルフに余念がない袴田課長。
健康診断にこだわる魚住係長。
第一方面本部長の息子でキャリア組の真下は昇進試験の勉強中だった。
青島が唖然としていると、強行犯係に紹介される。とても緊迫感がない。

青島は袴田に殺人事件の捜査がしたいと訴えるがあしらわれる。
すみれが、ゲームセンターで盗難事件が起きたので人を貸してほしいと言うと、袴田は青島に行けという。
「盗難も立派な事件」と、不満顔の青島に注意するすみれ。
「殺しは本店の仕切り。所轄は本店から通達出るまで待機」
「そんなことしてたら、犯人逃げちゃいますよ」
「そういう規則」
「また規則……」

署に戻ると、和久が墨をすっている。
殺人事件の戒名を書くのは所轄署の仕事なのだと言った。
神田署長、秋山副署長、袴田たち幹部がその戒名を考えている。
「港区会社員殺人事件特別捜査本部でどうでしょう?」
「役員でしょ? 港区会社役員殺人事件特別捜査本部じゃない?」
「港区というより、台場にしぼったほうがいい」
「なら、港区台場会社役員殺人事件特別捜査本部」
「首しめられて殺されたって?」
「なら、港区台場会社役員絞殺事件特別捜査本部」
「インパクトないね」と神田署長。
「なら、――」と全く決まらず、最終的に、港区台場レインボーブリッジ付近会社役員絞殺凶悪殺人事件特別捜査本部となる。
「でも、長いね」と振り出しに戻り、ずっとふざけている幹部たち。
結果決まった戒名は、『会社員殺人事件特別捜査本部』とインパクトないものになった。

捜査本部に人が集まる。捜査一課は前で、所轄は後方の席に不満の青島。
捜査一課課長の島津がマイクを取り、会議が始まった。
捜査の指揮を執るのは、室井だ。
有明興産役員室で他殺体が見つかった。被害者は、専務の柏木満男。
第一発見者は、被害者の娘の柏木雪乃。ショックで失語症になり入院している。
彼女の事情聴取は室井がするという。

会議が終わると、自分は何の仕事を振られるのかとワクワクする青島。
だが青島の初仕事は室井の運転手だった。
重要な事件は警視庁(本店)が担当し、所轄署(支店)はその補佐しかできないという、警察組織の現実を目の当たりにする。

そして翌日から室井のドライバーとして働く青島。
動機や犯人像を勝手に話す青島に、室井は冷たい反応。
「捜査はこちらがやる。きみは黙って運転してくれ」
事件被害者の娘・柏木雪乃が入院する病院に到着した。
室井の冷淡な事情聴取に違和感を覚える青島。
室井の聴取は失敗に終わり、一課の部下たちかも反感を抱く。「田舎もんの小僧が」

青島は室井を送りながら、電話の内容を聞いていた。
室井は室井で、捜査にやりにくさを感じている様子。
「おれをなめくさってッ」とつい、東北訛りの独り言を漏らした。

青島は意気消沈して署に戻る。
すると警官が、職質でサラリーマンを引っ張ってきた。
調べたら鍵の束を持っていた。窃盗犯か。
すみれが聴取することになったが、彼女は忙しく、代わりに青島が聴取をやることになった。
男は田中と言った。保険の営業をやっている。
青島も元営業マンだったので、つい名刺交換をしてしまう。
「脱サラして刑事に?」と田中。
「営業やってて、やんなっちゃってさ。毎日同じ人のとこ訪ねて、ぺこぺこ頭下げて、ぼくには耐えられなかった。きみもだろ?」と青島。
「ぼくは別に」
「ウソウソ。営業先のお得意さんに言われたよ。きみが来ると仕事の手が止まる。きみは、うちの会社の寄生虫かって……。その日に辞めた。人間でいたかったから」
「……」田中に響く。
そして警察官になって交番勤務をやり、一人暮らしのおばあちゃんの家に入ったこそ泥を捕まえた。
怖くて眠れないからというので巡回してると、おばあちゃんがお守りをくれた。
営業マンのときは煙たがれたが、仕事して感謝されたのは初めてだったと語る。
けれど念願の刑事になって逆戻り。
「刑事もサラリーマンと変わらない」と愚痴をこぼしてしまう。
「全部話せば楽になりますから」と田中。
「刑事か、きみは」
田中は笑った。

和久とすみれが休憩室で話している。
青島が空回りしてると話題に。
「たんこぶが出来るまではな」と和久。「被害者ばかりじゃなくおれたち刑事も傷つくことがある。そのたんこぶが、まだあいつにはないのさ」
すみれにもある事件で、たんこぶができた。
和久には未解決事件のたんこぶがある。
「この事件解決するまで、おれの傷は治らねえ……なんてな」

再び、室井のドライバーを務める青島。
面会謝絶という雪乃に無理やり事情聴取する室井。
成果がなく出てくると、青島に写真をわざと忘れてきたから病室へ戻って取ってきてくれと言った。
「何か思い出したかと聞くんだ」
青島が行くと、やつれた雪乃が死体写真を持って泣いていた。
慌てて写真を奪って、病室を出ようとして立ち止まる。
「あの……何か思い出したことは……」
と一応聞いたが、雪乃は泣くばかり。青島は死体写真を持って逃げるように去った。

室井のところに戻り、青島は憮然とした。
「警察の捜査に協力するのは、市民の義務だ」と室井。
「(不満げに)……」
「交番勤務の時は市民のために働いていたんだろうが、刑事になったらその考えは捨てたほうがいい。われわれは、犯人逮捕が第一だ。そのためには、市民の気持ちなどかまってられない」
「……」

仕事終わり、すみれに愚痴をこぼす青島。
「そのうちある、サラリーマンより刺激的なこと」
だが突如立ち止まる、すみれ。
「わたしの後ろを歩かないで!」
青島はわけがわからず……

その翌日、殺人事件の犯人として田中が自首してきた。
青島は信じられず……
田中は青島を見つめた。
「人を殺して……なのに、平気な顔しておれと話したのか。どうしておれにいわなかった!」
「あんたに言いたいことがあって、自首したんだ。あんたの言ったとおりだ。本当は、ぼくも毎日刺激がなかったんだ……」
「きみも刑事になればよかったのに」と、青島は田中にいった。
「でもそっちも刺激ないんでしょ?」
「……あるよ。毎日どきどきしてる」
「……そう……いいな……」と、田中は連行された。
「おれがあいつになってたかもしれない……」と青島はボソリ。
気持ちを切り替え、和久のところに駆け寄り、
「俺、少しやる気出てきました」と青島。
「出すな、そんなもん」

青島は、雪乃の話を伝えようとしたが、室井は「事件は解決したんだ」と冷たい口調で本庁へ戻っていった。
だが一人で青島は病院へ行き、雪乃の元を訪れて犯人逮捕を報告した。
「事件が解決したからと言って……被害にあった人のことも忘れろなんて……そういう刑事にはなりたくないんです……。また来ます!」

感想とシナリオ分析

20年ぶりくらい見ましたが、やっぱり面白いです。
刑事ドラマなので当然シリアスな部分がある。むしろそっちが多くなる。人が死ぬものを扱っているから。
しかしミステリー要素ばかりだと見る人は疲れるし、情報ばかりは飽きる。
そもそもそっちを優先させると、キャラクターが走らない。
ストーリーを追っかけるだけならミステリー小説でいいんです。
でもドラマは主人公と一緒になって旅をしたい。
そこにはどうしてもコメディ要素が必要になる。
緊張と緩和はドラマを推進する役目があるんです。
ここに気づいた脚本の君塚良一氏は、その後の刑事ドラマのキャラクターの基本を作ったと思います。
ほとんどがこの方法を踏襲している。

君塚氏は、青島に2つのキャラ付けをしたという。
1つは、「子供である」こと。
2つは、「非常にナイーブである」こと。

直感的なキャラクターにすることで、人間味が出て、視聴者はそれに共感し、ドラマのテンポも上がる。
さらにその青島に肉付けした、織田裕二さんはすごかったと思います。

しかし1話を見て、刑事ドラマのカタルシスはあまり感じられない。
それは、主人公が犯人を逮捕するというお決まりをなくしているから。
でも踊るは、それも狙いだったことが以下のセリフでわかる。
「刑事はヒーローじゃない。公務員」
ここにフィーチャーして作った、職業ものドラマなのだとみると奥深い。

素晴らしかったセリフ

捜査ができないまま事件が解決した青島は不満だった。
青島「これが、和久さんが言ってた所轄の現実なんですね」
和久「あの事件はおまえの事件だよ」
青島「?」
和久「おまえは運転手をやった。おれは聞き込みの道案内をした。それも刑事の仕事だ」
青島「……」

「犯人に手錠をかけるのは上のものがやればいい。俺たちは犯人を追う兵隊だ。それでいいんだ」