コメディ

「王様のレストラン」最終話 ネタバレ感想 | 1995年・春ドラマ

王様のレストラン

前回、ベル・エキップを一流のフレンチレストランにするには、足を引っ張っているパティシエの稲毛を切るべきだと千石は禄郎に迫った。
一流店はもう目の前できている。千石はようやく夢が叶えられると少し焦っていた。
一方で、稲毛を切るなら、一流になんかならなくたっていい、とオーナーの禄郎は言った。
二人が目指す一流に乖離が見られた。

そして千石は、しずかと一流のフレンチレストランについて話すうち、自分の間違いに気づく。
「人を思う心の優しさがない限り、三流以下」
かつて思い通りにならない人間をどんどんクビにした前オーナーシェフと自分が重なった。
そして彼は、ベル・エキップが一流になることに一番足を引っ張っているのは、千石自身だと気づき、店を去った。

千石を失ったベル・エキップはどうなったのか、最終話の感想と脚本を分析していきます。

「王様のレストラン」は、FODでご覧いただけます。



登場人物

千石 武 (52)――松本幸四郎
初代オーナー時代のベル・エキップで働いていた伝説のギャルソン。
ベル・エキップ再建と店を一流フレンチレストランにするため、オーナーの息子の禄郎に呼び戻された。無事、店を再建し、一流店まであと一歩というところで、自分の過ちに気づき、店を去ることになった…

原田 禄郎(24)――筒井道隆
パトロン(オーナー)。初代オーナーの愛人の息子、範朝の腹違いの弟。
かなりのド天然で鈍感。だが元経理の経験や心優しい思いやり精神を活かし、オーナーとしてベル・エキップを再建。そして一流のフレンチレストランを目指す…

磯野 しずか――山口智子
シェフ・ド・キュイジーヌ(総料理長)。
千石との出会いからシェフとして成長著しい。ベル・エキップの看板メニューとなる『オマール海老のびっくりムース』を考案し、かつての店の勢いを取り戻す…

三条 政子(28)――鈴木京香
バルマン(バーテンダー)。
範朝の元愛人。なんとなく働いていたが、次第にベル・エキップが流行り、従業員たちの熱心な働きぶりを見て、自分もその仲間になりたいと彼女なりの努力をする…

水原 範朝――西村雅彦
ディレクトール(総支配人)。禄郎の腹違いの兄。
カラーひよこの新規事業で一攫千金を目論んだが、詐欺とわかり、大借金を抱える。
ベル・エキップを辞める寸前までいったが、禄郎によって救われた…

梶原 民生(52)――小野武彦
メートル・ドテル(食堂支配人)。
予約客の名前も覚えず、料理についても不勉強で仕事にやる気が見られなかったが、元家族にかっこ悪い姿は見せられないと変化を見せた。しかしスケベはなおらない…

稲毛 成志――梶原善
シェフ・パティシエ(お菓子職人)。
しずかに一度フラれているが、未だに惚れている様子。畠山とライバル関係…

大庭 金四郎――白井晃
ソムリエ。
ワインでたくさんの受賞歴があり自信もあるが、自分の意見を客に押しつけるところがあり嫌われる。

和田 一――伊藤俊人
コミ(ウェイター)。
梶原の下で働いているせいで、ギャルソンの仕事を理解していない。だが、千石は「彼は身のこなしが機敏で、いいギャルソンになる」と意外に評価されている…

畠山 秀忠(30)――田口浩正
スー・シェフ(副料理長)。
作るより食べてばかりいる。しずかが好きな様子。稲毛は嫌い…

佐々木 教綱――杉本隆吾
プロンジュール(皿洗い)。
しょっちゅう皿を割る…

ジュラール・デュヴィヴィエ――ジャッケー・ローロン
ガルド・マンジェ(食材係)。
元路上でアクセサリーを売っていたただのフランス人。

最終話あらすじ(ネタバレあり)

「人生で起こることは、すべて、皿の上でも起こる。」
ミッシェル・サラゲッタというフランス人シェフの言葉。

千石が突然姿を消してから一年が過ぎた。
ある夜、禄郎は行方知れずの千石を探し出し、従業員たちには知らせず店に招待した。
政子が範朝と結婚し、マダムとして接客業務についたことを知る。
しずかは「どの面下げて来れるかね」と怒っていた。

千石と禄郎が食事を共にする。
政子は禄郎から伝言を預かっていた。稲毛に「千石さんに一番食べさせたいのはあなたのデザートです」と。稲毛は努力の成果を見せられるか。

しずかは梶原にメニューを指し示しながら自信がある料理を注文取るようにいう。
梶原は「任せとけ」と言った。シェフの得意料理を注文させるのもギャルソンの仕事だ、と。

ところが千石は、梶原の勧める料理を無視し、メニューにはない有名レストランの名物料理ばかりを次々と注文する。
悲鳴を上げながらも、千石の挑戦を感じたしずかは俄然張り切った。

食事が進む千石。皆の成長を感じ、料理もサービスも言うことなしと太鼓判を押す。
そして、姿を消した理由を聞こうとしない禄郎に感謝の意を表す。
だが範朝は「何でやめたの?」とズケズケと聞いた。
義弟の禄郎に「あっちいって」と言われる。ただ一人変わらない範朝だった。

千石が皿をきれいに食べきったのを見て、厨房は盛り上がった。
本当に嬉しそうに食べる彼を見て、禄郎も喜んだ。
そしてデザートの番になる。
「素晴らしいディナーです。もしこのまま地球が滅んでも私は何の悔いもない。できるならこのままデザートを食べずに帰りたいくらいです」と千石。
禄郎は引き止めて、デザートを注文した。

厨房では、自信のない稲毛を従業員みんなで励ましていた。
「よし。俺が約束する。最高のデザート作ったら、しずかの乳揉ませてやる」と梶原。
勝手なことを言われ、怒るしずか。
稲毛は逃げ出そうとするが逃げられず、みんなが見守る中デザートを作り出した。

その間、千石はしずかを呼んだ。
味付け、デコレーションを褒める。
「素晴らしかった。下がって結構です」とあっさり挨拶する。
そしてデザートが運ばれた。

千石がデザートを食べる様子に注目する一同。
ひと口食べ、「パティシエを呼んでください」と言った。
逃げ出す稲毛を捕まえて、梶原たちが千石の前に連れてくる。
千石は味が濃いと指摘。恐縮する稲毛。だが、
「オリジナルデザートの発想は素晴らしい。極めて独創的です。フルーツをこんなふうに使ったデザートを私は知らない」
千石は立ち上がると、数々の非礼を詫びた。
「ずいぶん勉強されましたね。今夜のディナーを締めくくるにふさわしい素晴らしいデザートです。感謝します」
稲毛は声を上げて泣いた。
みんなが幸せになるディナーだった。

厨房で、みんなで祝杯を上げる。
だが千石はそのまま帰ると聞いて、しゅんとなった。
「千石さん」と、禄郎は引き止めた。
「やめましょう」と千石は一言。
「もう一度一緒にやりませんか? 戻ってきてください。お願いします」
「私にはもう教えることはありません」
「教えてもらいたいことはまだまだあります。もっといいレストランにしたいんです。世界に通用するフレンチレストランにしたいんです」
「私には教える資格はありません」と頑なに固辞する千石。

従業員たちが厨房から現れた。
「帰ってこいよ。みんな、あんたと仕事がしたいんだ」と大庭。
「ずっとあんたを待ってたんだよ」と畠山。
「千石さん、あんたこの店に必要ですよ」と稲毛。
「ずっと一緒にやってきた仲間じゃないですか」と和田。
「僕は何一つ教わってない」と佐々木。
「強情はらないで、帰っておいでよ」としずか。
「この店はあんたが望んでいたとおり一流の店になったんだ。何が気に入らないんだ?」と梶原。
そして範朝が黙ってギャルソンの服を千石に渡した。
「ご存知ですか。一流のギャルソンは、ギャラも一流だってこと。一流のギャルソンは決して、妥協しないってこと。よろしいんですか?」
「構いません。それでも僕らは千石さんとまた一緒に仕事がしたい」と禄郎は言った。
千石は店を見回し、「この店が一流ですって?」と笑う。
「ご冗談でしょ」
そしてギャルソンの欠点、ソムリエの欠点、シェフの欠点をあげていった。
みんな悪い気がしない。また千石が戻ってきた。
「私に言わせれば、一流を気取っているだけの最低の店です。だがしかし、最低ではあるが、素晴らしい!」
「もう逃げ出しちゃダメだから」としずかは目をうるませて言った。「早く一人前のシェフにしてよ」
千石はギャルソンエプロンを巻くと、従業員に向かって、
「それでは皆さん、明日の準備を!」

こうしてベル・エキップに再び伝説のギャルソンが舞い戻った。

感想とシナリオ分析

千石が去った後、それぞれの成長が見られるお話。
禄郎がかなり苦労して千石を見つけたようだが、稲毛の成長を待っていたのだと思う。
パティシエの進退で、千石と禄郎は仲違いのかたちになった。
もう一度呼び戻すには、稲毛の成長は必須だった。

そして千石はベル・エキップに現れ、食事をする。
料理もサービスも及第点。最大の山場はデザートだ。
千石はひと口食べて稲毛を呼んだ。
味については厳しい評価。だが一番課題だった独創性を褒めた。

まだまだ課題があるベル・エキップ。
完璧ではないことは、オーナーの禄郎がよくわかっていた。
そしてそこで働く従業員みんながもう一つ足りないことに気づいている。

この店に足りないのは、やはり千石だったのだ。
禄郎はいつもの熱意で彼を呼び止めた。
それに従業員たちも続いた。
すべてはベル・エキップを一流にするためだ。

千石はもう一度立ち上がる。
ベル・エキップを最高のフレンチレストランにするため。

シーズン2はまだないのですか!?
王様のレストラン、続きやれると思います!! 面白かった。

素晴らしかったセリフ

ベル・エキップの従業員たちみんなが一番聞きたい千石のセリフ。

「素晴らしい!」