ラブストーリー

「101回目のプロポーズ」第3話 ネタバレ感想 | 1991年・夏ドラマ

101回目のプロポーズ

前回(第2話)、「これからも好きにならない。結婚はしません」とはっきり薫に断られてしまった達郎は今回どんな展開を見せるのか。
彼が彼女をあきらめたとは思えない。
いったいどうやって高嶺の花の薫をもう一度振り向かせることができるのか。

本気で恋をして、無謀なまでに一途な純情と、真面目しか取り柄のない達郎の行動に注目しながら、3話の感想と脚本を分析していきます。

「101回目のプロポーズ」は、FODでご覧いただけます。



登場人物

矢吹 薫 (30)――浅野温子
オーケストラのチェリスト。
結婚式当日に事故死した元婚約者を忘れられず、再び誰かを愛することを恐れている。
そんなとき、お見合いで達郎と出会い…

星野 達郎(42)――武田鉄矢
建設管理会社の万年係長。
これまで99回もお見合いし全部断られている。夢などもなく、結婚することだけが人生の目標になっている。
ついに100回目のお見合い、その相手は薫。一目で恋に落ちてしまい…

星野 純平(22)――江口洋介
達郎の弟。法学部の大学生。
両親亡き後、親代わりになって育ててくれた達郎を誰よりも心配し、応援する兄思いの一面がある。
合コンで知り合った涼子に恋をしたが…

矢吹 千恵(20)――田中律子
薫の妹。純平と同じ大学に通い、サークルも同じ。
姉を好きな尚人に恋心を寄せる。だが尚人は薫にプロポーズをし…

沢村 尚人(28)――竹内力
オーケストラのバイオリニスト。
薫にプロポーズをし、達郎の恋のライバルとなる。

石毛 桃子(34)――浅田美代子
薫の親友。楽器店を経営しながらピアノ教室も主宰。
薫と達郎の恋模様を操るキーパーソン。

岡村 涼子(23)――石田ゆり子
達郎と同じ会社の受付嬢。
純平とは合コンで出会い、彼の片思いに気づかないおっとり天然娘。
度々、星野家に訪れるわけは…

渋谷 悟 (25)――前田真之輔
達郎の直属部下で慕っている。

早坂 ――(佐土井けん太)
達郎が働く建設管理会社の部長。
新入社員の涼子を狙っていて…

第3話あらすじ(ネタバレあり)

達郎は薫に教えてもらったピアノバーの『エチュード』に毎晩通っていた。
バーテンから薫はあれ以来訪れず、以前は男とよく来ていた。その男は達郎と正反対だったと聞いて、さらにがっかりする。

薫は親友の桃子が経営する楽器店で、週2回のピアノ教室を頼まれた。
断るもすでに募集をかけていてやらざるを得ない。
千恵はそんな話より薫のせいでボーナス全額を突っ込んだ達郎を心配する。
せめて電話くらいかけたらどうかというも、気のない男には冷たくするくらいが丁度いいと薫。

悪いことばかりではない。達郎は、早坂部長に呼び出され、課長昇進の内示を受けた。
そんな喜びのさなか、涼子から相談事があると言われ…
仕事終わりにタクシーで、彼女をピアノバーへ連れて行く。

涼子の相談は早坂部長のセクハラだった。彼女をしつこく誘うのだという。
達郎は苦い顔を浮かべる。早坂は社長の息子だ、とても言えない。
しかし涼子は達郎から言ってほしいと頼む。
渋る達郎に、涼子は自分が会社を辞めれば済むのか…と落ち込んだ。

その頃、ピアノバーではピアノ教室を終えた薫と尚人がいた。
達郎たちと鉢合わせする。気まずい達郎…
一度は離れて座っていたが、誤解されたらまずいんじゃないかという涼子の言葉に不安になる。
そして勇気を出して挨拶をした。ところがあたふたして誤解されるようなことを言ってしまう。
薫は「見損ないました」と去っていった。

翌日、エレベーターで早坂と一緒になる達郎。
そこへ涼子が乗ってきて、目の前でセクハラを目撃する。
はっきりとは言えず、早坂の気をそらすことが彼には精一杯だった。

千恵の誕生日パーティーに招かれた純平と達郎。
誘ったのは千恵だが、薫は知らない。達郎も本当に招待されたのかと疑問だ。
案の定、薫は達郎を見てうんざりする。千恵は自分の誕生日なんだから誰を呼んでもいいじゃないとその場を収めた。
だが乾杯さえしてくれない薫だった。

尚人もやってき、誕生日パーティーは殺伐とする。
薫に達郎とまた会いたかったの、という残酷な質問をし、薫は達郎を見て「全然」と答える。
一方、達郎は会いたくて毎晩ピアノバーへ通っていたことを純平が暴露した。
しかし涼子と二人できていた。強引に若い子を誘う中年じじいだと達郎のことを思っていた薫だったが、部下から上司のセクハラを相談されていたのだと知る。
誤解が解けて和やかに一瞬なるのだが、断られたのに何度も現れるのはルール違反だと尚人が怒る。
達郎が「すみません」と情けなく謝ると、謝ることないだろと純平が尚人に怒った。
さらに二人はヒートアップし、千恵の誕生日パーティーは台無しになってしまった。

帰る達郎を駅まで見送る薫。
薫は達郎が部下のためにセクハラを解決するのだと思い、「正義の味方みたいでかっこいいです」と言う。
有頂天になる達郎だった。

部屋に閉じこもった千恵は薫に怒っていた。尚人のプロポーズを断ったことをみんなの前で言ったらかわいそうだと。
薫はハッとなった。千恵は尚人が好きなのだと気づく。
反省する薫だった…

達郎は再び、早坂からしつこくされている涼子を目撃する。
一緒に見ている達郎の部下の渋谷が「余計なことはしない方がいい。今は課長になれるかどうかの瀬戸際なんだから」と止める。
達郎もそれに小さくうなずくが、「課長か、正義の味方か」とつぶやき、葛藤する。
そして早坂と涼子がいる席へ向かい、ついに言った。
「そういうことはやめていただきたいです!」
「貴様のようなやつは万年係長だ!」と早坂に水をかけられ、がっくりする達郎だった。

その足で達郎はピアノバーへ行く。すると尚人と鉢合わせした。
尚人は達郎に謝罪をし、薫は好きな男がいると教える。
3年前、式当日に事故死した真壁の話を聞いた。その人を彼女は忘れられない。だから達郎と結婚する気はない、と。
「あなたにありますか。そういうこと全部ひっくるめて抱きとめる自信ありますか」
達郎は答えられなかった。

涼子が薫のところへやってくる。
達郎がセクハラを解決してくれた。けれど昇進がパーになってしまったと伝える。
だから薫に慰めてあげてほしいと頼む。一度は断るが、涼子は達郎に謝ると「正義の味方みたいだろう」って彼が笑ったと聞き、自分のせいだと気づく薫。

達郎は薫の忘れられない彼(真壁)のことを知り、きっぱりあきらめたと、純平に宣言する。
だが薫から電話があったと聞き、大急ぎで待ち合わせ場所へ向かう。
薫は達郎に無責任なことを言ったと謝罪する。
達郎は昇進がダメになったことはそれほど気にしていない。むしろ「我ながら正義の味方みたいでかっこよかったですよ」と自嘲する。
薫も笑い、ピアノ教室でがんばった子にあげている『たいへんよくできました』シールを達郎にあげた。

去っていく薫を見送りながら、達郎は言った。
「早く忘れたほうがいいですよ。亡くなった人のこと、いつまで思ってたって、あなた幸せになれません。その人だってきっとそう思ってるはずです。僕があなたを幸せにしますから」
だが薫は泣いて怒った。
「あの人が忘れたがってるなんてどうしてわかるの? どうしてわかるのよ!」
「…………」
「そんなに結婚したいの? だったらしてあげる。その代わり一つだけお願いがあるの。あの人ともう一度会わせて。もう一度あの人に会わせて。お願い、会わせてよ!」
達郎はかけられる言葉もなく、ただ涙を流すことしかできなかった。

感想とシナリオ分析

2話、3話で達郎はさらなるハンデを負う展開になりました。
2話では金を、3話では出世を、彼から奪いました。
そのきっかけは薫の無責任な一言です。
それでも達郎、薫のことが本当に好きか?
神の声が聞こえてきそうです。

神とはこの場合、脚本家。
脚本家はこれでもかと達郎をいじめます。
そうすることで、キャラクターの本質が出てくるからです。
達郎は地位や金を奪われるくらいでははめげないことを知っています。
ありえない努力をする先に奇跡が待っているのではないかと感じさせてくれる、そんなキャラクターを生み出せたから、どんどん面白い展開ができる。
もうやめてあげてくれ、と視聴者の悲鳴が聞こえるまで脚本家は徹底的に達郎をいじめることが約束されました。
これからさらに面白くなることは間違いないでしょう。

薫には忘れられない彼の存在がいることを知った達郎は「あなたを幸せにします」と言いました。
ところが返ってきた言葉はつらいものでした。
結婚をしてあげる、その代わりもう一度彼に会わせて。
これは振られたと同義語です。死んだ人には勝てません。思い出にも勝てない。
さあ、達郎はどんな行動をして、凝り固まった彼女の心を溶かすのか。
4話も期待をしましょう。

素晴らしかったセリフ

達郎の昇進は部長の早坂が握っている。
だが彼の将来は彼自身が決められる。だから達郎は迷った。
その迷った末に生まれたセリフがなんとも彼らしく素晴らしかった。

一途で純情な男は、弟に聞いた。

「課長と正義の味方、どっちがいいと思う?」