ラブストーリー

「101回目のプロポーズ」第2話 ネタバレ感想 | 1991年・夏ドラマ

101回目のプロポーズ

前回(第1話)、薫が一番大切にしている言葉を達郎から聞き、ハッとなったところで終わりしました。
第2話はどんな展開になるのでしょうか。
連ドラにおいて、1話が瞬発力なら、2話は持久力が求められます。
ここで快調な走りができれば、おそらく最終話まで駆け抜けることができる大事な回になります。

このまま薫は達郎に惹かれるのか。
恋とは欲望と不安の交差点。
彼らにどんなドラマが待ち受けているのか。
2話の感想と脚本を分析していきます。

「101回目のプロポーズ」は、FODでご覧いただけます。



登場人物

矢吹 薫 (30)――浅野温子
オーケストラのチェリスト。
結婚式当日に事故死した元婚約者を忘れられず、再び誰かを愛することを恐れている。
そんなとき、お見合いで達郎と出会い…

星野 達郎(42)――武田鉄矢
建設管理会社の万年係長。
これまで99回もお見合いし全部断られている。夢などもなく、結婚することだけが人生の目標になっている。
ついに100回目のお見合い、その相手は薫。一目で恋に落ちてしまい…

星野 純平(22)――江口洋介
達郎の弟。法学部の大学生。
両親亡き後、親代わりになって育ててくれた達郎を誰よりも心配し、応援する兄思いの一面がある。
合コンで知り合った涼子に恋をしたが…

矢吹 千恵(20)――田中律子
薫の妹。純平と同じ大学に通い、サークルも同じ。
姉を好きな尚人に恋心を寄せる。だが尚人は薫にプロポーズをし…

沢村 尚人(28)――竹内力
オーケストラのバイオリニスト。
薫にプロポーズをし、達郎の恋のライバルとなる。

石毛 桃子(34)――浅田美代子
薫の親友。楽器店を経営しながらピアノ教室も主宰。
薫と達郎の恋模様を操るキーパーソン。

岡村 涼子(23)――石田ゆり子
達郎と同じ会社の受付嬢。
純平とは合コンで出会い、彼の片思いに気づかないおっとり天然娘。

渋谷 悟 (25)――前田真之輔
達郎の直属部下で慕っている。

第2話あらすじ(ネタバレあり)

前回のラストで、達郎に「50年後の君を、今と変わらず愛している」という言葉を聞いた薫は、あの人(真壁)のプロポーズの言葉と同じだとハッとなった。
彼女は信じられず、うれしくなって、達郎にコンサートのチケットを渡した。

ところが妹の千恵が、達郎にプロポーズの言葉を教えたと聞き、彼の生まれ変わりかもとまで期待した薫はその反動で達郎を露骨に嫌う。
片や、あのセリフが薫の大切にしている言葉と知らない達郎。100回目のプロポーズが決まったと兄弟で盛り上がる。

純平は、兄にアドバイスしてくれたことを千恵に感謝する。『ラヴ・イズ・オーヴァー』を歌い、これが最後の恋だと達郎がかなり盛り上がっていると知って戸惑う千恵。
千恵はそれを薫に相談すると、人の弱みにつけ込んだ卑怯者と達郎を評した。
そして彼に恥をかかせてやろうとあることを思いつく。

尚人は千恵になんで俺じゃなくてあのおっさんに薫の大切な言葉を教えたんだと聞く。
千恵は、尚人はもうお姉ちゃんに振られたじゃん、というが、尚人はまだ諦めていないと知る。
「そんなにお姉ちゃんのことが好き?」
「好き」とうれしそうに答える尚人を複雑な気持ちで見つめる千恵だった。

コンサート演奏後、薫は達郎を連れてセレブパーティーへ向かう。
英語が飛び交い、達郎には場違いなところで大恥をかく。
そして薫から結婚はないと言われてしまう。彼は勘違いしてコンサートに来たとまで言われ、達郎はがっくりと肩を落としてその場を後にした。

達郎の家では、純平と涼子が祝勝会の準備。
純平は兄にかこつけて涼子が自分に会いに来てくれていると勘違いする。
そこへ落ち込んだ達郎が戻る。薫に突き返された花もしおれてる。

コンサート会場で達郎を目撃した薫の親友の桃子は彼がそんな悪い人に見えなかったというが、薫はまだ怒っていた。
千恵は、達郎があの言葉の意味までは知らないと伝えると、薫は焦る。

達郎は同じ女性に二度も振られたことでどん底の気分。
「あの人見てると俺、涙出てくるんだよな…」
と毛布を頭から被り、『ラヴ・イズ・オーヴァー』を歌う達郎を純平は悔しそうに見つめる。

純平は薫を呼び出した。
そして墓で会う。薫は誤解から達郎を傷つけてしまったようだと謝った。
純平は、薫が3年前に式直前に婚約者を失った話を知る。
彼女はまた誰かを好きになることは難しいことがわかり、だいぶ兄がショックを受けていたからうまく断ってほしいと頼んだ。

一方、達郎のところに千恵が謝りに来た。
落ち込み悲観的な彼を励ますが、それ以上にネガティブな思い出を語る達郎。
「俺、一生結婚しない。たぶんね。たぶん、しないなあ…」といった。

ところが薫から謝罪の連絡がきてあたふたする。
会ってお詫びがしたいといわれ、有頂天になる達郎。
ボーナスが入るから美味しいものをごちそうするとまで言ってしまう。
ピアノバーの『エチュード』という薫の行きつけの店で待ち合わせする。

達郎は改めて薫から断られるとは知らずにはしゃぎ、二人の未来の話を始めてしまう。
だが元婚約者の真壁が弾いていた曲『別れの曲』が流れ、達郎の話はまったく耳に入らない薫。
それでも話を続ける達郎に、薫は彼のボーナスの額を聞き出した。そして、その金を全部競馬に突っ込めという。
「ときに思い切ったことができる人じゃないと面白くない」
達郎はローンもあるし…と戸惑っていると、
「縁がなかったということで」と薫は帰ってしまう。

薫のもとへ達郎がやってくる。手には大量の馬券だ。ボーナス全額を彼は突っ込んだのだ。
驚く薫は馬券を奪い、テレビの前へ。
ゲートは開かれた。レースが始まる。さあ結果はどうなるのか…

馬券は外れた。謝る薫。だが達郎はこれは別れる口実だったのだとわかっていたと話す。
そして結婚式当日に花嫁に逃げられた話をする。達郎は子供の頃からあきらめ癖がついている。そのときもああやっぱりかとあきらめてしまった。
けれど薫に出会い、今回はあきらめたくなかった。
だが薫は涙を流しながら、
「これからもあなたを好きにならない。結婚するつもりない」と言った…
達郎は「それでいいです」と泣き笑いの顔をして去っていった。財布はすっからかんになったが、スッキリした表情だった。

感想とシナリオ分析

昨今の恋愛ドラマは視聴率が取れないこと(視聴者層が既婚者が多い)や多様性の恋愛が当たり前に(共感を得づらく)なり、企画自体が通りづらくなっています。
2019年は、テレビドラマ55本に対し、恋愛ドラマは6本しかありませんでした。
ほんの5年前までは100本以上テレビドラマがあったのにその半分になったことも驚きですが、恋愛ドラマ6本はとても悲しいです。

恋愛ドラマは学ぶことが多いです。
今回の2話は、いかに人は言葉に惑わされやすく、それゆえ、すれ違ってしまうのかがわかったと思います。
しかしそれが恋の切なさを演出し、なかなか結ばれない二人を応援するきっかけにもなるのです。
恋はすれ違いで盛り上がります。

薫は、自分が大切にしていた真壁のプロポーズの言葉を知ったうえで達郎が発したのだと勘違いしました。
しかし彼は知りません。そして弱みにつけ込まれたと誤解した薫からこっぴどい振られ方をする。
事情を知る視聴者は、達郎に同情しています。

これは脚本の一つのテクニックです。
例えばジョーカーという極悪非道なキャラクターでも、直前に彼の事情(理不尽な扱い、誤解、身体的ハンディキャップがあること)を知らせることで、視聴者は犯罪人にも共感できます。現実ではありえないことです。しかしドラマではそれができてしまう。脚本家の意図によるものです。
だから達郎という極めて共感しづらいキャラクターを共感させるため、視聴者に様々な事情を直前に知らせたことで、彼の苦しみを共感できました。そして応援したくなります。

けれど、かわいそうだけではそのキャラクターまで好きになれない。
達郎も薫も素敵なのは、誤解の後に謝罪したり、素直な行動ができることです。
これが愛されるキャラクターの一つの要素だと思います。
達郎は言葉では薫をあきらめたというが、その後の彼の行動は薫への愛で溢れてる。
弟の純平もそれに気づいていて、決して兄を止めようとしない。その行動も愛ですね。

愛するとは言葉ではなく、行動で計れるもの、そんなふうに思わせる回でした。
さあ、顔もダメ、お金もすっからかんになった達郎ははっきりと薫に断られてしまいました。
3話はいったいどんな恋模様になるのでしょうか。

素晴らしかったセリフ

ボーナス全額を突っ込み、スッてしまった達郎が薫に言ったセリフです。
彼は過去、結婚式当日に花嫁に逃げられた経験があり、そのときやっぱりかとあきらめた。
だがお見合いのとき、薫にそのあきらめ癖を叱られた。
それ以来、逃げ出した花嫁を追っかけて、もう一度プロポーズする勇気があったら俺はきっと変わっただろうと後悔する。
だからボーナス全額を突っ込んだことを後悔しない。
「バカバカしかったですけど、今日久しぶりにドキドキしました」

「なんかこう、生きてるって感じがしました!」